ゲームの世界のナビゲーター
カジノが安全かどうかを判断する方法

オンラインカジノが安全なのか?

Ayumi Nokado
Ayumi Nokado
9月 6, 20209月 16, 2020

法的景観
日本でのギャンブルに関する多くの法律は、1907年に遡り、乗馬やサイクリングなどの特定のイベントでのみ市民がギャンブルを行うことが許可されていました。モータースポーツとボートレースが後にこのリストに追加され、賭けが許可された合計4つの「ソーシャルスポーツ」が生まれました。抽選は17世紀半ばから存在しているため、広い意味でのギャンブルは日本の色鮮やかな歴史にさらに深く入り込んでいます。これは1842年に打ち切られたが、利益は核爆弾に襲われた国の再建に使われることを期待して、第二次世界大戦の終結直後に再開された。
宝くじ会社トトは日本で唯一の合法的に認可されたオンラインギャンブルポータルですが、スポーツくじはJリーグのサッカープールまたは4つの公的に利用可能なスポーツの形でのみ許可されています。しかし、政府は市民がインターネットで外国のブックメーカーを使用することを阻止しようとしていますが、これに対する法的根拠はありません。多くの市民がこれを行うことを選択しています。
これにより、日本政府は物理的およびオンラインの両方で独自のインフラストラクチャに疑問を投げかけています。最近の国際レポートは、日本がギャンブルを完全に合法化することを検討していることを示しています。これには、アメリカンスタイルのカジノとオンラインカジノのライセンスを含め、巨大な債務危機の克服を支援することが含まれます。 2013年10月、これらの計画がどのように実施されるかについての法的議論が始まりました。堅実ではないが、日本がギャンブルを完全に合法にするかどうかは、いつではなく問題になるかと思われる。
ポピュラーマーケットスポーツ競馬、Jリーグフットボール、オートバイ、パワーボートレースなどの許可された活動に賭けるスポーツは、プレーヤーと一般の観客の両方に人気がありますが、国内で唯一の賭け活動とはかけ離れています。
前述のギャンブルホールは、伝統的なカジノゲームを提供していない可能性がありますが、非常に人気のあるパチンコがあり、電子キオスクで再生され、日本を舞台にした映画でしばしば撮影されます。ビデオスロットと同様に、ゲームプレイはアーケードビデオゲームとピンボールのようなメカニズムを組み合わせています。プレーの垂直壁に多数のボールベアリングが解放され、ピンなどの障害物を克服する必要があります。プレーヤーはオーブをキャプチャしてより多くを解放し、ギフトや賞金と交換できます。これはハイエンドゲームと見なされ、適用法で許可されていますが、政府が許可するよりもスロットマシンのように見えるようにする、かなり重要な運の要素があります。
最後に、モバイルベッティング市場も日本で高い需要があります。理論的には厳密に禁止されていますが、ゲーマーはモバイルデバイスにゲームをダウンロードして、プレイすることで賞金を獲得できます。
ギャンブル分野の主な出来事
日本では西部のカジノはまだ違法なので、国内で大規模なギャンブルはありませんでした。新しい法律が政府を通過して法律になると、これは変わる可能性があります。メルコクラウンエンタテインメントなどのグローバルカジノブランドは、50億ドルを費やして日本で新しいカジノを構築する意欲があると語っています。そのような高価な現代的なカジノは、より多くの人々を引き付けるために有名な有名プレイヤーと世界トーナメントを主催することによってその費用を取り戻そうとすることは間違いありません。
日本のギャンブルの未来
今日、世界で最も高い赤字の1つである日本は、財政の回復を助けるために別の収入源を切望しています。多くの人は、政府がこれからの数年で大衆に西洋式のギャンブルを導入するために古くからの法律を廃止し、ギャンブルがはるかにオープンで包括的な趣味になる道を開くと信じています。ライセンスが正常に提供された場合かかわらず、両国でのギャンブルの収入はほぼ等しいと指摘しています。日本には西洋的な意味でのカジノはありませんが、島国には、スロットマシンを提供し、一人当たりのギャンブル率がアメリカよりも高いことに加えて、「賞金のある楽しみ」を提供する約20,000のゲーミングホールがあります。ただし、法律は非常に厳しく、許可されたスキルゲームと運に基づく違法ゲームを細い線で区別しています。
法的景観
日本でのギャンブルに関する多くの法律は、1907年に遡り、乗馬やサイクリングなどの特定のイベントでのみ市民がギャンブルを行うことが許可されていました。モータースポーツとボートレースが後にこのリストに追加され、賭けが許可された合計4つの「ソーシャルスポーツ」が生まれました。抽選は17世紀半ばから存在しているため、広い意味でのギャンブルは日本の色鮮やかな歴史にさらに深く入り込んでいます。これは1842年に打ち切られたが、利益は核爆弾に襲われた国の再建に使われることを期待して、第二次世界大戦の終結直後に再開された。
宝くじ会社トトは日本で唯一の合法的に認可されたオンラインギャンブルポータルですが、スポーツくじはJリーグのサッカープールまたは4つの公的に利用可能なスポーツの形でのみ許可されています。しかし、政府は市民がインターネットで外国のブックメーカーを使用することを阻止しようとしていますが、これに対する法的根拠はありません。多くの市民がこれを行うことを選択しています。
これにより、日本政府は物理的およびオンラインの両方で独自のインフラストラクチャに疑問を投げかけています。最近の国際レポートは、日本がギャンブルを完全に合法化することを検討していることを示しています。これには、アメリカンスタイルのカジノとオンラインカジノのライセンスを含め、巨大な債務危機の克服を支援することが含まれます。 2013年10月、これらの計画がどのように実施されるかについての法的議論が始まりました。堅実ではないが、日本がギャンブルを完全に合法にするかどうかは、いつではなく問題になるかと思われる。
ポピュラーマーケットスポーツ競馬、Jリーグフットボール、オートバイ、パワーボートレースなどの許可された活動に賭けるスポーツは、プレーヤーと一般の観客の両方に人気がありますが、国内で唯一の賭け活動とはかけ離れています。
前述のギャンブルホールは、伝統的なカジノゲームを提供していない可能性がありますが、非常に人気のあるパチンコがあり、電子キオスクで再生され、日本を舞台にした映画でしばしば撮影されます。ビデオスロットと同様に、ゲームプレイはアーケードビデオゲームとピンボールのようなメカニズムを組み合わせています。プレーの垂直壁に多数のボールベアリングが解放され、ピンなどの障害物を克服する必要があります。プレーヤーはオーブをキャプチャしてより多くを解放し、ギフトや賞金と交換できます。これはハイエンドゲームと見なされ、適用法で許可されていますが、政府が許可するよりもスロットマシンのように見えるようにする、かなり重要な運の要素があります。
最後に、モバイルベッティング市場も日本で高い需要があります。理論的には厳密に禁止されていますが、ゲーマーはモバイルデバイスにゲームをダウンロードして、プレイすることで賞金を獲得できます。
ギャンブル分野の主な出来事
日本では西部のカジノはまだ違法なので、国内で大規模なギャンブルはありませんでした。新しい法律が政府を通過して法律になると、これは変わる可能性があります。メルコクラウンエンタテインメントなどのグローバルカジノブランドは、50億ドルを費やして日本で新しいカジノを構築する意欲があると語っています。そのような高価な現代的なカジノは、より多くの人々を引き付けるために有名な有名プレイヤーと世界トーナメントを主催することによってその費用を取り戻そうとすることは間違いありません。
日本のギャンブルの未来
今日、世界で最も高い赤字の1つである日本は、財政の回復を助けるために別の収入源を切望しています。多くの人は、政府がこれからの数年で大衆に西洋式のギャンブルを導入するために古くからの法律を廃止し、ギャンブルがはるかにオープンで包括的な趣味になる道を開くと信じています。ライセンスが正常に提供された場合物理的なカジノで利用可能ですが、国はそれらをオンラインカジノに拡張することもできます。

Ayumi Nokado
初心者向けのヒント勧告

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です